シモンちゃんが 下妻に!

これは2016年2月13日に書かれた記事です

下妻にシモンちゃんなるご当地キャラがいる

と聞いたので行ってきた

今更感は否めないが 下妻は茨城県にあり
茨城県に住む者としては見とくべきだと判断したのだ

ただ シモンちゃんが下妻のどこに生息しているのか いまいち分からないために
下妻の道の駅に行ってみた

道の駅なら その土地の名物がある

下妻市のマスコットキャラクターになっているほどのシモンちゃん
かなり強くプッシュされていると予想したのだ
観光案内のパンフや冊子にシモンちゃんの事が書いてあるかも知れないと期待しながらの道の駅だ

下妻の道の駅につき車を止める

まず目に入ったのが ソバ屋とラーメン屋だ

チラリとメニューを見てみる

下妻はソバネギが有名なのだろうか?
ネギソバやネギラーメンがいちおし的に書いてある

農作物を作る所は たいがい新鮮なソバやネギを目玉商品的にアピールするものだが
それ以外に名物がないと言う裏返しである

建物周辺を見渡したところ 目当てのシモンちゃんの姿はない

自分は本館となる大きな建物に入る
中に入れば 下妻のマスコットキャラクターのシモンちゃんがいるはずだ

入ってすぐに目に付くのが 棚に並べられた野菜である
道の駅は 地元の野菜などを売るために存在すると言っても過言ではないだろう
当然 道の駅 下妻も その例に漏れない

野菜コーナーの先 建物の奥の方にパン屋がある
入口付近に居ても 香ばしいパンの焼けた いい匂いがしている

野菜は後で買うとして まずはシモンちゃんだ

野菜売り場を抜けパン屋も試食だけして抜ける
パン屋を過ぎると通路の横に階段があるのが見えた

展望台と書いてある

三階まで階段で登ると展望台につくみたいだ

行ってみよう

階段を上る

あれ?疲れて来た しかも三階と書いてあったが実質 四階なんじゃないのか?
普段の運動不足が ありのままに身体へと伝わる

ついた!

筑波山

悲しいほどに何もない
微かに見える筑波山が せめてもの救いか?

他に見える風景は広々としているだけだ

駐車場

駐車場が長距離トラック運転手の憩いの場と化している
たぶんトイレだけ借りて 車内で一休みだろう

展望台の醍醐味を十分に味わった自分は階段を下り本館の端を目指す
端には和食テイストの店があった

丼物を出す店のようだ

食券を買いカウンターで食券を渡すとブザーが鳴る機械を持たされ鳴ったら自分で取りに行く
フードコート方式の店だ

あぶり豚丼が人気らしい

そう言われたら食べるしかないな

あぶり豚丼

うむ 旨かった

食べ終わったあと本館の端に地域のパンフを置いてある場所を見つけたが
シモンちゃん情報は何も書かれていなかった

では と本館の反対側の端を目指す
またパン屋と野菜売り場を通り進む

いた!!シモンちゃん!!

うん?でも これ

肝心な顔がない

シモンちゃん

観光地の定番ではあるけど…
あの穴から顔を出す勇気は自分にはない

店内の商品を見ていたら
シモンちゃんがプリントされている商品が少しあった

もしかして 下妻市 それほどシモンちゃんを押していないのか?

お米のお菓子

ちなみに この商品
原材料 米(下妻市産)だけである

とてつもなく潔い商品だが 砂糖も醤油も塩分も無い
どのように食べるのが良いのやら?

最後に大きめのシモンちゃんを見つけた

喫煙コーナー前の自販機にいた

シモンちゃん

以上 これで下妻 道の駅 シモンちゃん捜し終了

お疲れさまでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください