シリーズ, バレンタインデー

終章

彼女のうるんだ瞳が 光輝く笑顔が 揺れる黒髪が
彼女の全てが ぼくの心を満たした
走り去る彼女の後ろ姿が ぼくの目に残っている

ぼくは彼女に貰った小さなピンク色の袋を胸に抱きしめ部屋へと飛び込み

シリーズ, バレンタインデー

まだ 自分が ぼくであった時の頃

この日が来ると いつも思い出す

小学校五年生だった時の記憶を…

第一章

小学校の五年生の ぼくのクラスに皆が気にする女の子が二人いた

その人気は もしかし ...

昔話

彼女の2つめの願い

誰よりも素敵なドレスと靴を得た
彼女は誰よりも目立つ馬車を老婆にお願いしました

老婆は さぞ満足げに彼女の願いを聞き 杖を振るう

すると庭の畑にある大きなカボチャが それは豪華で派手な ...

昔話

今年も もうすぐ終わりですね

月日の早さをイヤでも思い知らされる時期ですね

今年 一年を振り返って何がありましたか?

特に何もない

いいんじゃないですか それでも

今日と明日に どんな違い ...

昔話

 

どうすればアクセス数が上がるのか?
色んなサイトを見て勉強してみよう

ふむふむ そうか!
そうゆう内容にすればよいのか!

分かった 赤ずきんちゃんの話をしよう

森の中に小 ...

昔話

何を書けば 皆は楽しめるんだろう?

何を話せば 喜ぶんだろう?

うーん そうだ!

桃太郎の話が良いはずだ

これなら皆 好きな話だからね

あるところに お爺さんとお婆さんがいるけど

昔話

さぁーて

暇だから日記を書いてみよう でも どんな日記を書けば良いのやら?
何を伝えれば良いのやら?何が求められてるのやら?

う~ん……!

分かった アリとキリギリスだ

アリとキ ...