コウモリ エアコン ハイル 2 問い合わせと確認

これはクレームではない 相談である

取り付け業者のミスにより新品のエアコンコウモリが入った
そのせいでエアコンが取り付けられている壁も汚れてしまった

被害は それだけではない

エアコン裏

コウモリがエアコン内部にいるせいで真夏の極度の暑さの中 エアコンを使う事が出来ないのだ

エアコンを使えば内部のコウモリ菌が部屋中に広がる
健康被害の恐れさえある

自分はエアコンを買った大型電気店に電話をする事に決めたのだ

広告

第1ラウンド 嫁VSエアコン担当者

大型電気店に電話で 事の次第を説明することに決めたなのだが

自分は電話越しに苦情もとい相談をするのが面倒なので嫁に任せることにした
クレーマー的な電話を自分はしたくないのだ

嫁は渋々ながら電話をする事を了承した

自分が仕事をしているとスマホに嫁からメールが届いた
嫁はガラケーなのでLINEではなくメールなのだ

そのメールの内容は

タイトル ん~なんか嫌な予感

エアコンの件を電気店にTELしたけど
害虫(獣?)の侵入を防ぐような頑丈の工事は別料金だから
取り付けは1番簡易的な粘土状の物で工事で……

あとはエアコンの中にコウモリが入る事はないって

そして駆除とか そういうのは大型電気店では出来ないからって

私がTELしなきゃ良かったかなぁ
心境が最初からブチ切れでTELすれば違ったかも

とりあえず工事の担当の人が見に来る方向ではあるって言うけど
ホースと壁の穴くらいは直してくれるかも

との事だった

それを読んだ自分は慌てて嫁に電話し 「今すぐ工事の予約をキャンセルしろ!!」と伝える

ホースと壁の穴を直す?!

冗談ではない!!

エアコンの中にコウモリがいるのに穴を塞がれたら中にいるコウモリの逃げ場がなくなる

そうなれば コウモリは餓死 その死骸は腐りながらエアコンの中に留まる事になる

実際にはエアコンを外して内部を見てコウモリがいるのかを確認したわけではないが
状況がいると言っている

状況証拠だけで限りなく有罪状態だ

それを穏便に隠ぺいされては困る

その後 嫁から工事をキャンセルしたとメールが来た

仕事を終え家に帰った自分は 嫁にエアコン担当者との電話のやり取りを詳しく聞いた
嫁のメールでおおよその事は分かったが
実際にエアコン担当者が何をどう答えたのかが気になったのだ

電話を掛け 最初に嫁はエアコン担当者に状況説明をした

「外のホースの所に穴があって
そこからエアコンの中にコウモリが入って コウモリのおしっこやフンが壁紙を汚すのですが」

それに対してエアコン担当者は

「エアコンには コウモリの入るような隙間がないので絶対にコウモリが中に入る事はないです!!
コウモリが入るような構造をエアコンはしていません

100パーセント エアコンの中にコウモリは入りません!!

駆除も壁紙の補修も出来ません
なぜなら その穴が原因で何かが入って汚したとは断定出来ないからです

もしかしたらエアコンではなく壁の中に何かがいるのかも知れませんね~(笑) 」

このエアコン担当者の言葉を聞いた瞬間 自分の中に激しい怒りが湧いた

広告

話の中にあった 絶対とか100パーセントと言う単語が怒りの琴線に触れたのだ

こいつは何を根拠に そう言い切っているのか!
どんな事にも絶対などあり得ないのが現実だと自分は思っている
それを簡単に絶対など言いやがって 電話をしてきた客の話を はなから完全に無視した対応

そもそも今回の話は
エアコンの中にコウモリがいるから もしくは何か別の生き物がいると確証があるから電話したのだ

それを完全否定!!

何も分からない嫁を言いくるめてサクッと終わらせようとする感じも癪に障る

これは真面目に自分が怒らないといけないだろう

自分は エアコン担当者が言っていた

「100パーセント エアコンの中にコウモリは入りません!!」との言葉が本当なのか
とりあえず世界の知恵袋グーグルにて調べてみた

コウモリ エアコンで検索をしてみた結果
多くの人がエアコン内部にコウモリが入り困っていると分かった

その事から
今回のエアコン内部に生き物――コウモリ――が入ったのは 別にレアなケースではなく
かなりの頻度で起きている事だと証明された

エアコン担当者の言った事は 根拠がなく現実を無視した受け答えだと言える

ならば自信を持ってエアコン担当者と話ができる

自分は怒りと自信を胸にエアコン担当者に相対する事を決意した

だが その前に やらなければならない事がある

今 自分にあるのは情報だけである 状況証拠だけである

必要なのは物的証拠
自分があえて避けていた戦いがあるのだ

第2ラウンド 自分VSエアコン内部の生き物

エアコン内部にいるのはコウモリだろう
ネズミの可能性も僅かながらあるが まずコウモリに違いない

しかし それは まだ推測の段階でしかない 限りなく黒に近いグレーだ

そんな状態ではエアコン担当者との会談に説得力が生じない
自分の目で確認をしなければ確かな事は分からない

ちなみに
自分は この時点でエアコン担当者との電話会談よりも 大型電気店に訪問し直接 会談をする事に決めていた

決めたと言っても自分の中だけの事で相手には知らせてはいない

自分は意を決して 今やパンドラの箱と化した室内エアコンに手をかける

もしかしたら エアコン担当者が言っていたように
エアコンの取り付けられた壁にネズミが齧って穴を開け それが今の災いになっている可能性もある

物事において絶対など有り得ない
どんなことでも起こり得る

人の想像したことは 全て実現可能である  byジュール ヴェルヌ

起こる可能性のあるものは いつか実際に起こる  byマーフィーの法則

この世には不思議なことなど何もないのだよ 関口君 by京極堂

そうゆう事だ

エアコン内部を確認しなければ現実を知る事は出来ないのだ

室内に設置されたエアコンを外すのは難しい事ではない

エアコンは壁に取り付けられた薄い鉄の背板に引っ掛けて設置されている
下からエアコンを上方向に押すだけで外れるのだ

外す時の注意としてはエアコンの重量を気にせずに外すと
支えきれずにバランスを崩す可能性が考えられる

エアコンは外からの配管パイプが付いているので床に落下することはないが
その際 ぶら下がった室内エアコンが壁を傷付けるかも知れない

脚立などを使用していたなら そこから落ちてしまうかも知れない

この思考方法が いわゆる危険予知活動 KY活動である
自分のKY活動は これだけでは終わらない

室内エアコンを外せば 中にある生き物のフンが床に落ちるだろう
フンが落ちるのは仕方がない 重力操作の能力を自分は会得していないのだから

自分はフンが落下するであろう場所に白い紙を置いた
こうすれば その後の掃除が楽になる

そして最大の憂慮すべき事

エアコン内部に潜む生き物 コウモリもしくはネズミ 高確率でコウモリ が
エアコンを外した瞬間に部屋を飛び回る可能性だ

それに対して 自分が思いついた対策は 嫁と子供を隣の部屋に避難させる事だけだった

外した瞬間に飛ばれたら手の施しようがない

……エアコンを外す準備は出来ている……

あとは今 手をかけているエアコンを上に押し外すだけだ

ああー 嫌だ 外せば不衛生な物が落ちてくる

ああー 怖い コウモリ怖い

エアコンに手をかけて硬直する自分を 扉の隙間から嫁と2歳になる息子が見ている

ああー やるには今しかねぇ やるには今しかねぇ!! と我が友エアー君がカラオケで歌った長渕剛の曲が頭の中に響く

自分は地元の電気屋に頼めば良かったと後悔しながら室内エアコンを上に押した

勘弁して下さい!!

エアコンを外した瞬間に黒い物体がバラバラと落ちて来た
それは床に置いた紙に黒い点を付けていく
まるで飛び散った血のようだ

その時の写真が これだ
食事中にブログを読む行儀の悪い人もいるかも知れないので画像にキラキラ加工をして載せておく

コウモリのフン

幸いコウモリが部屋中を飛び回ると言う事態は起きなかったが

別の心配がよぎる

エアコン内部にいる生き物は何なのか?

本当に 今 現在 エアコン内部に生き物はいるのか?

留守なのか?休暇で遊びに行っているのか?

自分は寒気を感じながらエアコン内部を調べる

フンだらけである

さらに寒気が増すが肝心の生き物がいない

エアコン裏

エアコン内部の奥も調べる必要がありそうだ

アアー コワイ マジ コワイ

自分はエアコン内部の深淵を覗く

暗い井戸の底を覗き見るような 振り返るなと言われた いわくつきのトンネルで後ろを振り向くような
得も知れぬ恐怖を感じつつ自分はエアコン内部を見る

  !!

いる!!

何かいる!!

暗がりの中 明らかにエアコンの部品とは思えない黒い物体がいる!!

コウモリ

だが
中が暗くて確認が出来ない

拡大して かこってみた

コウモリ

自分は中にいる 中に見える この怪しき黒い物体を割り箸で掴む事にした

アアー コワイ コワイヨ

広告

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA